HOME>イチオシ情報>住まいの利便性を考えてから、住まいの設計を考える

様々な確認

一軒家

相模原に住まいを建てる時は、土地選びから始まります。注文住宅は間取りも自由に作れて便利ですが、建てる前には確認することなどがあります。都市部の多くを占めるのが市街化区域です。市街化区域には建築基準法によって、用途地域、建ぺい率、容積率などが定められています。敷地面積に対して建てられる建築面積、延床面積、建物の高さなどは制限されています。注文住宅は完全に自由な設計で建てられるのではなく、こうした法律に制限されます。こうした確認を行ってから注文住宅を建てる必要があります。注文住宅の間取りに求めることは家族の数やライフスタイルによって異なります。朝の支度で洗面台を使う時間が家族で重なる場合は、洗面台をダブルボールにするなどの工夫が大切です。こうすることで、二人同時に使用できて、日常生活がとても良くなります。相模原での注文住宅生活を良くするには、日常生活のイメージを持つのが大切です。

様々なことを考慮

女性

注文住宅を相模原に建てる時は家族の希望をまず聞いておきます。書斎が欲しい、ウォークインクローゼットを求めるなど、家族の要望は様々です。長期的な影響を考えて注文住宅を建てるのも大切です。住まいを長持ちさせる上で大切なのが、湿気対策です。対面に窓を設置して風が流れるようにすると風通しが良くなります。風通しを確保するには、窓の設置場所を考える必要があります。間取りを決める時は施工会社の意見を参考にすると良いです。地元密着型の施工会社は地域の気候に合う住まい作りに長けています。注文住宅の費用は工法にも左右されます。ツーバイフォー工法はマニュアル化が進んでいて、工期も短くて、費用も安く済むメリットがあります。

広告募集中